ani×shareのShare Life


- 『人とシェアする暮らし』(シェアライフ) -


【そもそもシェアハウスって…】
シェアハウスには沢山のメリットがあります。
1,家賃が安い
2,家具家電を買わなくて済むので初期費用が安い
3,一人暮らしにはない広いキッチンやLDが使える
4,審査が容易、都心の近くに住めるetc
5,人が居る(孤独ではない、安心できる、話ができる)

中でも最大のメリットは人が居る事だと考えます。
(コミュニティ型のシェアハウスにとってですが…)

しかし、その事が同時に最大のデメリットでもあり、NETでシェアハウスの悪評が跡を絶たないのが現実です。
そもそもシェアハウスとは、見ず知らずの赤の他人が住むリスキーな場所、 名前も知らないような人と一緒では、生活習慣の違いからマナーを知らない人が居ても、ある程度我慢するしか仕方ありません。 そのような粗暴な人が一人でもいると良好なコミュニティが成り立たなくなるのは当然です

ですが、同じ家に住むものとして、名前も仕事もお互いを知り、マナーも守れる気心知れた仲間なら それはまさに、誰もが楽しく快適に過ごす理想のシェアハウスになるのではないでしょうか。



【share(シェア) とは】
shareとは他人と物やスキルを共有することで、近年シェアカーやシェアオフィスを始め、 メルカリやココナラのようなシェアリングエコノミーのビジネスが増えてきました。
一昔前の自分でお金を稼がなければ、何一つ手にすることが出来無かった時代とは異なり、 リサイクルやサブスクといった安価で手にしやすく、新しいものに拘らないSDGs(持続可能) な価値観として、今後ますます定着するものと思われます。

そんなShareとは単に共有するだけでなく、次に使う人、他に使う人の事を考えて、綺麗に大切に 使う事であり、そこには人の思い、人と人とのつながりがあります。
故に、シェアでつながるコミュニティには互いに協力し合うことが必要で、認めあう事で信頼が生まれ、 安心感が幸せに変わって行くのだと思います。そんな理想的な暮らしこそ、 Share Lifeと呼ぶにふさわしい
アニ×シェアでは、住民一人一人とその価値観を共有し、協力しあいます。

【アニ・シェアの4つのこだわり】
アニ×シェアは設立当初より『アニメ好きが集まって誰もが楽しく快適に過ごすシェアハウス』をモットーに、 アニメ好きという趣味を持った人が、何の気兼ねもなく集まれる場所を目指して来ました。 そんなアニ×シェアが抱き続けてきた4つのこだわりがあります。

1,顔の見える小規模なシェアハウス
集団は、多すぎると纏まらず何かとヒエラルキーも起こりやすい、 かといって少なすぎると性格の合わない人が集まった場合それは苦痛でしかない。
なので、10人前後の少人数なら、孤立もせず、話せる人も見つかる適度な人数、 全員が自己紹介をして、どこから来てどんな仕事をしているのかを知ることが大切で、 顔の見えるシェアハウスにこだわっています。

2,全室個室のプライベートとコミュニティの両立
テラスハウスのようにドミトリー(複数人)の部屋ならリビングに集まるしかなく 和気あいあいなイメージを保つこともできるでしょう。しかしそれでは疲れるし、楽しくても長続きはしない。

やはり一人の時間は大切で、それぞれの生活・人生がある。 とはいえ、ワンルームのように一人暮らしをしているわけではない
他人と共に生活の半分を共有していて、心地よく過ごせるかどうかは、 他人と暮らしている意識を持てるかどうかにかかわってきます。

3,掃除を業者に委託しない
当初から拘っているのが“掃除を業者に委託しない”というのがあります。 それをしてしまうと「汚しても掃除の人が綺麗にしてくれる…」 という意識が生まれてしまうからです。

シェアハウスにおいて何より大事なことは“他人と共に暮らしている(shareしている)という意識”。 汚したら綺麗にする、迷惑な事はしない、だらしない格好は見せない、挨拶は明るく気遣う…、 そうした他人に不快な思いをさせないという意識が “他人への気遣い”を育てるのだと思います

4,定期的なイベント
また、アニ×シェアでは開始当初より、定期的に食事会などのイベントを続けています
普段は食事の時などに誰かと話をする程度(もちろん仲のいい関係なら一緒にアニメを見たりもします)で、 皆それぞれに個人の生活があり、なかなか出会わない人もいます。
そんな生活リズムの違いで顔を合わせることが少ない人とも 近況が聞けるように、定期的に食事会などのイベントを行っています。






【 history 】
もしよろしければ、share lifeの考えに至るまでのヒストリーがございますので、下記よりご一読を・・・。






m e r i t




アニ×シェア

アニ×シェア

アニ×シェア